var gaJsHost = (("https:" == document.location.protocol) ? "https://ssl." : "http://www."); document.write(unescape("%3Cscript src='" + gaJsHost + "google-analytics.com/ga.js' type='text/javascript'%3E%3C/script%3E"));

2015年03月21日

「老けやすくなる料理」ワースト3

久留米大学医学部の山岸昌一教授によれば、普段我々が口にしている食べ物のなかには、老化を促進させる物質が含まれていることがあるそう。

それが、タンパク質と糖が加熱されて結合することで生まれる悪玉物質「AGE(Advanced Glycation End Products=終末糖化産物)」だ。これを体内に溜め込むと細胞本来の働きが劣化し、肌の弾力が失われたりシミやくすみができやすくなったりといった見た目への悪影響もあるという。では、どんな食べ物に、AGEが多く含まれているのか? 山岸教授にワースト3を挙げてもらった。

【老けを促進させる食べ物ワースト3】
1位「カリカリに焼いたベーコン」
水分を飛ばして高温でカリカリに焼くベーコン。おいしそうな焼き色は、AGEをたっぷり含んでいるというサインでもある。

2位「ファストフード」
肉汁したたるハンバーガー、こんがり揚がったポテトやチキンにも多量に含まれるAGE。ファストフード中心の食生活は改善を。

3位「ポテトチップス」
糖質が多く、高カロリー。砂糖を多く含む清涼飲料水と一緒に摂ると、体内でAGEを作るスピードが加速するため避けたいところだ。

高温で焼いたり揚げたりして脂を閉じ込める料理は食欲をそそるが、そのなかには老化物質のAGEがたっぷり。こういったメニューを毎日のように食べているなら、食生活を見直した方がいいかもしれない。

一方、老化防止のポイントとなるのは、このAGEの吸収をいかに抑えるか。そこで工夫したいのがサイドディッシュ。メインのつけあわせにAGEの働きを抑える次のような食べ物を取り入れると、ものによっては侵入した悪玉物質を体外に追い出すことができるそうだ。

【老けを防ぐ食べ物ベスト3】
1位「ブロッコリーのスプラウト」
ブロッコリースプラウト(新芽)に含まれるスルフォラファンには、AGEを抑える働きが。脂っこい料理を食べる際に摂取したい。

2位「カッテージチーズ」
チーズの熟成に欠かせない真菌の中にもキチン・キトサンが多く含まれている。脂肪分の少ないカッテージチーズがおすすめ。

3位「キノコ」
豊富に含まれるキチン・キトサンが体内でAGEとくっつき、便として排出。体内に吸収されるのを抑えてくれる。

山岸昌一教授によると、「ブロッコリーの新芽やキノコに含まれるキチン・キトサンは、AGEの吸収を抑えたり、AGEの毒性を弱めたりしてくれます」とのこと。どうしても脂っこい料理を食べたいときは、一緒に摂るといいだろう。

ああ〜ベーコンも、チップスもおいしいですよね。

何時も食べるわけではないのですが,たまにとても食べたくなりませんか?

我慢したらストレスになるので、ベーコンとブロッコリー,マッシュルームを一緒に食べれば良いかなあ??




参照
R25
posted by ぶうぶうふうふう at 11:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月15日

他人に言えない夫の妻の秘密1位は?

1位 実は甘えん坊 (12人/150人)
2位 実はケチ (8人/150人)
2位 実は嫉妬深い (8人/150人)
2位 実は性欲が強い (8人/150人)
5位 実は浪費家 (7人/150人)
6位 実は見栄っ張り(5人/150人)
6位 実は束縛が激しい (5人/150人)
6位 実は浮気性 (5人/150人)
6位 実はオタク (5人/150人)
10位 実はHが下手 (3人/150人)
10位 実はかかあ天下 (3人/150人)
10位 実は自宅だと裸族 (3人/150人)

なんだかどれもこれも、なあんだというかんじでしょうか。
もっと、え?みたいなこと期待していたのは私だけ?

甘えん坊,,,別に秘密にしてなくていいですよねえ。




参照
R25
posted by ぶうぶうふうふう at 13:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする