var gaJsHost = (("https:" == document.location.protocol) ? "https://ssl." : "http://www."); document.write(unescape("%3Cscript src='" + gaJsHost + "google-analytics.com/ga.js' type='text/javascript'%3E%3C/script%3E"));

2015年03月12日

思わず男性に胸がキュンとする瞬間TOP9

学生のときは、なんていってもスポーツができて頭がいい男の子が大すきでした。
顔なんて,全然関係無かったですね。

長くつき合っていた彼が、私が社会人になって会社でテストを受けなければならない時に(保険会社の総合職だったので会計かなんかでした)勉強しなければいけないから週末会えないと言ったら、俺が教えてあげるよと言ってくれたこと。
そして、本当に私がとけなくて困っていた問題をあっという間に解いて教えてくれた時はもうときめきましたよ〜。ああ、なんだか懐かしくなってしまった。

今は、色々と私が知らないことを知っていると分かった時に夫を見直しますね。

●思わず男性に胸がキュンとする瞬間TOP9
(3つまで選択、協力/アイリサーチ)
1位 普段はぶっきらぼうな人から、優しい言葉を掛けられたとき(34.0%)
1位 普段、無愛想な人の、子どもみたいな笑顔を見たとき(34.0%)
3位 普段は冷静な人が、好きなことについて熱く語っていたとき(24.0%)
4位 普段は弱音をはかない人が、ぽろっと弱音をはいたとき(23.0%)
5位 普段、チャラチャラした人の、真剣な顔をみたとき(19.0%)
6位 普段はワイルドな人が、スイーツなどを食べていたとき(10.0%)
7位 普段は感情をあまり表に出さない人が、映画を観て感動して泣いているとき(7.5%)
8位 普段、チャラチャラした人が、悔し涙を流しているのを見たとき(6.0%)
9位 普段は真面目な人が、酔ってハメを外していたとき(4.5%)

まあ、人それぞれですね。6や、7、8、9、は意外です。
特に9なんていっきに私は冷めますね。
よって羽目をはずすなんて、社会人としてありえません〜!
posted by ぶうぶうふうふう at 11:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月09日

素敵な相手を見つける秘密

離婚理由として近年よく耳にする「モラルハラスメント(以下、モラハラ)」。精神的虐待を指すこの行為は、夫からの離婚申し立て理由の2位(17.4%)、妻からの離婚申し立て理由の3位(24.9%)と高い割合を占めている。(※平成25年度の司法統計より)

■モラハラ予備軍チェックリスト10
□1.自分と価値観や立場の違う人を理解しようとしない
□2.他人の成功話や幸福なニュースを嫌がる、見下す
□3.疑い深い
□4.店員や後輩に偉そうな態度をとる
□5.周囲にも自分のやり方を押し付けがちである
□6.素直に謝ることがなかなかできない
□7.誤りを指摘されたり、反対意見を言われたりすると怒る
□8.自分に不利な状況になると逃げ出したり人のせいにしたりする
□9.趣味やストレス発散法を持っていない
□10.相談できる友人やコミュニティを持っていない

つき合っている時に、お店の人にえらそうな態度をとったら、もう会わない方が言いでしょう。
絶対に,結婚してから相手にそういう態度にでるはずです。

何気ない会話の中でも人のせいにする人は駄目ですね。
これからも成長が無い未熟な大人の証拠です。

そして、何か意見をする時にきちんと話をきいてくれる人、そして他の人の意見も尊重する人だと,一生のパートナーになる価値はあるでしょう。
お互いを高めあえる相手になります。

さっさと、良い大人の男性、女性をみつけましょう。

え?自分も素敵な大人でいることが,絶対条件ですけどね!

posted by ぶうぶうふうふう at 12:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月06日

「いい人症候群」5つの診断リスト

アメリカの心理療法医であるロバート・A・グラバー氏は、他人を意識するあまり、愛されることに腐心する心理状態を「ナイスガイシンドローム(いい人症候群)」と命名。こうした心理状態にある人は、「(相手から)愛されたい」という願望が満たされなければ、(その願望が相手に対する)怒りや憎しみに変わってしまう危険性を秘めているという。

「この状態が続くと、ストーカー行為やDVに繋がることもあります」

こう解説してくれたのは、カウンセリングルーム「アンフィニ」で心理カウンセラーを務める青柳雅也さん。そこで青柳さんに「ナイスガイシンドローム」に当てはまるかどうかを判断するチェックリストを作ってもらった。

●「ナイスガイシンドローム」チェックリスト
□本当は意見があるけど、黙って上司や同僚に従ってしまう
□飲み会などで、上司や得意先に「ヨイショ」ばかりする
□仕事でミスをすると、隠そうとしたり言い訳がましくなったりする
□SNSで悩みを書き込んでいる人には、積極的にアドバイスをする
□いったん怒ると、人格が変わってしまうほど憤慨する

3つ以上当てはまった人は、ナイスガイシンドロームの予備軍かも。自分の行動を見返して、ドキッとした人も少なくないのでは?

怒りを公の場でコントロールできない人は要注意ですね。
そういう人を彼氏彼女にしたくないので、決してモテることは無いでしょう。

結局,自分を大事にしないと他の人も大事にできないのです。

参照
「いい人症候群」5つの診断リスト/a>

2015年03月01日

パジャマを洗わないと大変な事に

ある調査の結果、多くの人が2週間以上同じパジャマを洗わずに着て寝ているようだが専門家はその危険性を指摘し、警鐘を鳴らしている。1月9日付けの「Daily Mail」が報じた記事を紹介しよう。


■パジャマを洗わないと大変な事に!


Ergoflex」社の調査によると平均で男性は約2週間、女性は何と男性を超える17日間もの間、同じパジャマを着続けてから洗うのだそうだ。ちなみに調査が行われたのはイギリスのようだが、にわかに信じがたい結果を見て衛生学の専門家は恐怖におののきながら、パジャマやシーツ、枕カバーなどの寝具を洗わずに長期間使用することで様々な健康被害を引き起こすと警告している。

 国際保険と熱帯医学の分野で世界をリードする研究主体の大学院である「ロンドン・スクール・オブ・ハイジーン&トロピカルメディシン(LSHTM)のサリー・ブルームフィールド教授は「Daily Mail」の取材に対し「パジャマは肌に直接触れているため、常に皮膚細胞が付着しています。私たち人間の皮膚や消化器官には微生物がいますが、普段は無害と言われていても、それらが間違った場所に入り込むと深刻な問題に発展する事もあるのです」と語っている。

 例えば多くの人間が持つと言われているブドウ球菌。普段は無害だが、切り傷などの傷口から体内に入ってしまうと感染症を引き起こし、危険な状態に陥る事もある。また近年ではMRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)の病院内での感染が問題となっている。他にも腸内の大腸菌が泌尿器系に入れば膀胱炎になる事もあるそうだ。


私も実は意識して洗濯していなかったです。2週間は、、、そうですね、していなかったかも??


どのくらいで何時も洗濯していますか??
posted by ぶうぶうふうふう at 14:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月28日

「にんにく臭」に牛乳は効かない?

 新宿ライフクリニックの須田隆興先生によると

「牛乳や緑茶、コーヒーなど、胃に入れることで消臭に効くといわれる飲み物は多々ありますが、口臭が発生する仕組みを踏まえれば、いずれも効果的な対策とはいえません。口臭に悪臭をともなう『口臭症』の事例を見ても、においの原因は基本的に胃腸ではなく口腔内にあるとされています。にんにく臭の場合は、アリシンという化合物がにおいの元になっていますが、これが口のなかに滞留していることで悪臭を発しているわけです。つまり理論上、何かを飲むよりも、口腔内を完璧に洗浄することが一番の口臭対策になるんです」

確かにニンニクの匂いはきついですよね。
食べ過ぎたら、皮膚からも匂いがでるて聞いたことがあります。

それって噂だけ?

posted by ぶうぶうふうふう at 13:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月26日

金持ちだけが実践している10の習慣―偶然金持ちになる人などいない

(1)早期に始める

 古いことわざにあるように「早起きの鳥は虫を捕まえる(早起きは三文の徳)」。今回の場合は、贅沢な引退生活を送れると言うべきか。資金運用は始めるのが早ければ早いほど、その成長期間も長くなる。自営業者であれ勤め人であれ、お金を稼いでいるということは個人退職金を積み立てるチャンスがあるということで、すぐにでもそれを生かすべきである。

 幸運にも雇用主が従業員と同額を拠出してくれる退職金積立制度がある会社で働くことになったら、その資格を得られ次第、すぐに加入することを優先させなければならない。早期に引退する人と引退をあきらめる人の違いはここにあるのかもしれない。

 次の例で考えてみよう。投資した1万ドルが平均年率リターン8%で40年間運用された場合、その資産は21万7000ドル以上に成長する。ところが運用開始が10年間遅れると、2倍の2万ドルを投資しても、20万ドル超にしかならないのだ。

(2)自動引き落としにする

 金銭的な成功に関しては、自分自身が最悪の敵となり得る。やらなければいけないことを先延ばしにしたり、怠ったりしてしまう、その一方で誘惑に負けて消費しすぎてしまうというのはよくあることだ。これは、お金持ちにならないための完璧なレシピと言えよう。

(3)最大限の積み立てをする

 退職金積立制度に関しては、最初は少額から始め、限度額に達するまで毎年少なくとも1%ずつ増やすべきだと聞かされているのではないだろうか。先延ばしにしてきたのなら、たとえ少額から始めたとしても、何もしないよりはましである。

 問題は小さな努力は小さな結果しか生まないということだ。お金持ちになりたければ、本気で貯めようとしなければならない。つまりそれは、最初から限度額を積み立てるということを意味する。

(4)クレジットカードの残高を持ち越さない

 あなたの経済的自由にとって最大の脅威の1つがリボルビング式の高金利負債である。不必要な手数料や金利で数千ドルも支払うことは大きな負担となり得るばかりか、貯蓄を増やす妨げとなる。

 お金持ちになりたいのであれば、クレジットカードの残高を持ち越すという悪癖と月々の支払最低額でやり過ごそうという考え方を捨てなければならない。

(5)質素な生活をする

 気取らない控えめな人だと思っていたら、後で大金を稼いでいることを知って驚いたという経験はないだろうか。筆者には1983年で時が止まっている年配の顧客がいる。カッコ悪い茶のスーツにスニーカーという服装で、オンボロのボルボ・ステーションワゴンを運転し、40年前に購入した普通の家に住み続けている。

 ところがこの男性は、ものすごく成功した起業家で大富豪だった。彼の財産はその質素な生活のおかげでさらに増えていた。

(6)誘惑を遠ざける

 われわれの周囲には収入にそぐわない贅沢な暮らしへの誘惑があふれている。テレビ、雑誌、友人、家族、同僚、裕福な隣人などである。買って買って買いまくることへのプレッシャーから逃れることは不可能に近い。問題はそうした過剰消費が借金の山、貯蓄不足、長期的に不安定な家計を招くことが多いということだ。

(7)目的志向になる

 目標はわれわれにインスピレーション、動機、目的意識を与えてくれる。われわれの多くには、債務の返済、住宅の購入、特定の年齢での引退など、共通する目標がある。起業する、あるいは別荘を所有するという目標を持っている人もいるだろう。残念なことに、そうした目標は日々の生活のストレスによって簡単に影が薄くなり、忘れられたり放置されたりしがちである。

 目標が単に浮かんでは消える考えだと、その意味や自分の行動に与える影響は失われてしまう。これによって金銭面での悪習慣が生じると、お金持ちになるというあなたの夢は夢のままで終わってしまう。

(8)投資を学ぶ

 成功している投資家は、重要な金融概念を研究し、べき・べからずを学び、現在の傾向を把握するための時間を割いている。彼らは自分の理解力を強化、拡大するためのチャンスを生かし、日常的に金融情報を吸収できる状態に身を置いている。

 彼らを見習ってウォール・ストリート・ジャーナルを購読し、マーケット・経済専門チャンネルCNBCを視聴し、ゴシップ雑誌の代わりにフォーチュン誌を手に取り、金融専門家のツイッターをフォローすべきである。熱心なお金の研究家になれば、お金持ちになるための科学をマスターできるだろう。

(9)ポートフォリオを分散化する

 成功している投資家はすべての資金を1つまたは2つの資産に投資してはいけないということも知っている。彼らはその豊富な資金を、株式、ミューチュアルファンド、上場投資信託(ETF)、債券、不動産、収集品、新興企業など、さまざまなものに広く分散投資している。

 分散型のポートフォリオは、複数の成長源からうまく利益を上げられる可能性と、資産の1つが大暴落した場合でも経済的に破綻せずに済むという安心感を与えてくれる。

(10)金を儲けるために金を使う

 巨万の富を築くには支払うべき代償があるというのは事実だが、著名投資家のウォーレン・バフェット氏でもない限り、それは株式の銘柄選択でギャンブルをして資金を失うということではない。油断をすると、衝動、無邪気さ、特に欲や恐れといった感情は金持ちになるチャンスの深刻な妨げになり得る。

ちなみに私のモットーはお金がないのならためて買えるようになるまで待つ。

ただそれだけです。

なのでローンは利用したことがありません。

すべて一括払いです。

そのかわり、若い時はよく勉強して働きました。

今は、私達のお金が働いています。(投資ですね。株に、賃貸経営です)

幸い、夫も同じ考えだったので貯蓄の上でのストレスはゼロ。

今欲しい、我慢できない、そういう欲望があるのは不幸ですよね。

物を買う行為でストレスを発散しなくても良くなると人生新たらしいステージにはいります。

ものすごく生きて行くのが楽になりました。


参照
THE WALL STREEL JOURNAL
posted by ぶうぶうふうふう at 11:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月25日

「こんな夫がほしい」理想1位は?

●「こんな夫がほしくなる」TOP10(協力/スマートサーベイ 3つまで選択)
1位「育児に協力的な夫」(36.5%)
2位「誕生日や結婚記念日を忘れずにお祝いする夫」(33.5%)
3位「家事を嫌な顔をせずやっている夫」(32.5%)
4位「妻と手をつないで歩いている夫」(15.5%)
5位「友人や同僚の前で奥さんをほめる夫」(14.5%)
6位「妻の洋服選びにも楽しそうに付き合っている夫」(9.0%)
7位「スーパーで妻と一緒に食材を選んでいる夫」(7.5%)
8位「妻の両親と仲良くしている夫」(7.0%)
9位「妻の趣味に一緒に興じている夫」(5.0%)
9位「妻の友人と積極的に話している夫」(5.0%)
これ全部が当てはまる夫がいたらすごいですよね。

夫は、洋服選びには絶対につき合いませんね。
私も、かれがいない方が楽かも。

それから記念日,,,何時もわすれます。私もこだわらない方なので(女性としては珍しいですよね)
気になりません。

それでも後は全部クリアしているので,、感謝ですね。

結婚前は両目を開けて、結婚後は片目で見てって、昔の人がいいこと言っています。
何事も、完璧を目指さない方が楽ですよ。特に相手のあることには。。
posted by ぶうぶうふうふう at 11:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月24日

女性に多い「何もないところで転んでしまう」理由が判明! 今から気をつけて転倒事故を予防

転倒事故で亡くなる人は年間7000人を上回り、いまや交通事故を上回る勢いなのだそう。亡くなる方の多くは高齢者で、原因としては加齢による「筋力低下」や、2つの動作を同時にできない「注意力低下」などがあげられますが、若い女性にも「転びやすい」という人はいるのでは?

これは、冷え性の人は足裏が冷えやすく転倒しやすいため。足の裏にある、体のバランスをとるセンサーが、寒いとうまく働かないのです。なんでもないところでつまずいたりするのは、もしかしたら「冷え」が関係しているかもしれません。

NHK「ためしてガッテン」によると、人は段差の高さによって「上る」と「歩く」という2つの動きを使い分けているとのこと。その境界となる高さはおよそ3cmで、これより高いと「上る」、低いと「歩く」と無意識に歩き分けているそうです。「歩く」ときつま先は下がりますが、つま先が最も地面に近づいたときに一番つまずきやすくなります。つま先と床の距離は若者では1センチくらい離れていますが、中高齢者ではわずか2ミリの人も。なるほど、ちょっとしたカーペットの段差やコードにもつまずくわけです。

これを改善するには、まず足が冷えているかどうかをチェック。そして、足の血行を良くしましょう。

【足の「冷え」解消体操】
1)背もたれのあるイスや丸めた布団に寄りかかります。
2)息を吸いながら、両手を上げ、大きく背中を反らします。
3)息を吐きながら姿勢を戻します。
上半身の動きに合わせて、つま先を10回ほど上げたり下げたりしましょう。

冷え以外には、2つの動作をおこないながらでも注意力が散漫にならず、つまずかない「ながら力」を鍛えなくてはいけません。

【「ながら力」アップ体操】

1)5秒間、できるだけ“速く”“小刻みに” 足踏みをする。(5秒間で20回くらいが目安)
2)次にお題を考える。(例:野菜の名前、都道府県名など)
3)足踏みをしながら5秒間、お題に合う言葉を思いつくだけ声に出して挙げる。
足踏みのスピードが遅くならないように注意。1日に、5秒間×5〜10回を毎日、3〜6か月続けると転倒予防に効果があるとされているようです。

その他、足の筋力も大切です。今のうちから、なるべく階段を使うなど、足を使った生活を心がけましょう。

転倒して骨折、、そして寝たきりという流れが多いようです。
実は私の祖母もそうでした。

そうなる前に、日々運動してカルシウムも程よく摂取できる食事を心がけたい物です。

健康で長生き、,,努力が必要ですねえ。


参照
ネタりか
posted by ぶうぶうふうふう at 03:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする